Envoyer à un ami

バスク地方の鯨とイルカ、プランクトン釣りと帆船

(...) ↓ Lire le descriptif détaillé plus bas ↓

バスク地方の鯨とイルカ、プランクトン釣りと帆船

(...) ↓ Lire le descriptif détaillé plus bas ↓

Biscaye la baleine basque
Des séjours de vacances qui changent le monde
Des aventures hors du commun, des projets de sciences participatives pour le développement durable

Introduction

海獣、イルカとクジラは私たちを皆夢見らせます。しかし何百年前から、バスク地方で大規模に狩られていたて、しかも、主に鯨肉と鯨の油は照明のために使われています。

今日、海獣は監視の下に置かれています。なぜこの監視は大事であるでしょうか?それは生物、動物または植物の多様性が地球の生態系のバランスにとって重要であるた目です。そしてある海獣は魚とプランクトンを食べる魚を狩るために「指標生物」とみなされて海の健康を見せる動物であ理ます。もしこの連鎖で一つの要素でもなかったら、の環境は不安定になってしまいます。この海獣の一部は季節によって移動します。 そのため、ビスケー湾の底までの海獣の多様性と現存を視察ことは非常に大事です;もし海獣がその地域で存在していて食物探して健康にいられたらその子供や彼らの環境が保たれるのです。

ガスコーニュ湾の南部のこの小さい地域のビスカヤ県を監視するために、皆さんは海獣を視察し、見分けたり、数えたり、水中聴音機で聞こえたり、写真を取ったり、そして特に海にいるバンドウイルカを一々見分けるために大きい双胴船で長いと熱烈な日を過ごします。
水質は食物連鎖の開発に十分であります。プランクトンを釣って顕微鏡でその豊かさが評価出来ででしょう。

春と夏になると, この動物たちを真似して、二つのサーフィンコースから選べることができます。

Le Séjour

「ビスカヤ県のバスククジラ」

これらの動物たちは遠くまで泳げます。子供がいれば特に安全と食物が沢山ある所に行きます。こういった海獣の現存、多様性と数が周りの「健康状態」と気候などにある変化を示します。種類によって温かい水より冷たい水を好む種類もいます。水質は食物連鎖を発育させる要因であって十分な生物はその水質を引き付けるでしょうか?水質汚染の程度は動物たちを病気から保護できるように十分に管理されているでしょうか?その評価をするために、私たちは私たちの航海の間すれ違って浮いている廃棄物を数えます。
これらの動物とその環境の観察はガスコーニュ湾が過去のようにこの海獣たちを引き付けるのか分かるようにします。
この質問に答えるために、皆さんはこの監視を請け負っている研究所から毎年行われる観察とお互いのを比較します。

ビスケー湾の南部の海底地勢は、「カップブルトンの海底峡谷」に切り開かれていて多様な海底生育地があります。この多様性があって物凄い数の動物や植物の種類がそこに生きています:生物多様性のホットスポットであるのです。その上、海のこの位置は温度は湾の北部に比べ冬になると温度が暖かくて優しいであります:こういった事情で十七世紀まで繁盛した捕鯨産業の原因が分かるしょう!

鯨を見ることが前より珍しくなっても、 7 種類のイルカはまだよく見られます :

  • ネズミイルカ,
  • マイルか,
  • スジイルカ,
  • ハンドウイルカ,
  • ハナゴンドウ,
  • ヒレナガゴンドウ
  • シャチ.

皆さんは長さ17メートル以上の双胴船に乗って、この滞留の間に海獣の統計視察に貢献します。この視察は現在行っている生物学調査を補足します。

一週間のステーの場合には4つの1日間の船旅に出かけます。 1日時間によって変わるクジラ目の行動を観察するために乗船は様々な時間帯の海辺で8時間間の航海になります。クジラ目のために視覚観察のみになります。しかしハンドウイルカとヒレナガゴンドに限って追いかけて撮影しながら観察します。水中聴音機のおかげで彼らの話も聞けるのです。動物に接近する際の厳格なプロトコルや明白な規定を守りましょう。

航海の間、私たちは海の環境を視察する一つの様相に貢献します:廃棄物を観察して出来れば回収することです。

海で行う視察は二つの見学滞在で終わります:- 特に崖の上にある望楼、脂肪を溶かすための古い炉によって捕鯨時代を思い出させるビダール (Bidart)とゲタリー(Guéthary)の間にある沿岸コース;- 海の豊富な多様性と有名なビスカヤンクジラ、バスククジラの骨格などを展示する、スペインにあるサン・セバスティアンの水族館。

生物学的な需要に応じて三つの見学滞在は三つの季節に提供されている:- 春、- 夏、- 秋。

Le Projet de Recherche

この科学滞在の目標はいくつかの質問に答えてることであって特に :

  • ガスコーニュ湾での捕鯨の終わりからもう300年が経っていても、なぜ見張り塔から鯨は見られないであろうか?
  • バスククジラとイルカの数は17世紀に繁盛した捕鯨時代後に再成長しているのか?
  • ビスケー湾の鯨の頭数の変動の原因は実際何であろうか?
  • ビスケー湾の鯨の頭数の進化と変化はブルターニュ地域とアゾレスと同じであろうか?

- この滞在は私たちが国立海中モニタリングプログラム (DCSMM)に参加できることになります : 視察されたデータは国立レベルに貢献します

- ラ・ロシェル大学のペラギス( Pelagis)実験室は海獣に関して国家代表であります。

- フランス海洋開発研究所は廃棄物に対するパートナーとして協力します。

Concept Appris sur le séjour

カタマランに乗って視察しながら、皆さんは:

1。実験所が決めた手順に従って視察でデータを収集します;
2。データを記憶、分類、分析と比較します(主に視察のデータ:海獣の現存と頭数、さらに海獣の習性)
3。 網を使ってプランクトンを釣ります;
4。結果を分析と結果について論じます;研究の実験所に観察のデータを転送します。
5。視察したことを、環境に対して意識啓発を高めるために特にバスク地方の記者と共有します。

Le Matériel Utilisé

私たちは2018年から「Atalaya」と言う船を運転している「Explore Ocean」と協力しています。

  • カタマランの大きいデッキは科学的プログラムに助けとなります:- その上視察と識別のための教育的資料があって、- 動物の「相談」を聞くための水中聴音機も備えてあります。- 監視しなければいけない水温センサもあります。- 私たちはプランクトンのための網と私たちの顕微鏡を持参します- GPSで私たちの観察位置を決めて地図の上に写してから昨年の観察と比較します。
  • カタマラン の長さは17メートルであります;これは地中海の初の帆走漁船でありました。 今日船客の交通のために備われていてガスコーニュ湾の新たなクジラ目の観察者になりますた。「Atalaya」と称されていて、つまりバスク地方のアタライを指し、崖の頂上にあるこれらの望楼は16世紀に観察者がクジラを見つけて狩人である船員に知らせるようにしました。

Le lieu

滞在はバスク地方の沿岸の中心の、アンダイエ(Hendaye)で行われます。 帆走はカップブルトン(CapBreton)までに行われます。

バスク地方は二つの国の間にあります:フランスの南西部とスペインの北部。アンダイエ町はビダソア川で区別されているスペインとフランスの国境の付近にあります。しかしバスク地方の統一した文化、言語、伝統と生活習慣は今までも生き続けています。

アンダイエの海岸には、砂地海浜があって、若干の傾斜は、天気が良くない時でもバスク地方の人気スポーツの練習のための広くて風の少ない場所を提供します:サーフなんです。

Le Quotidien sur Place

  • 船旅は一日8時間になります。
  • 港は宿泊センターから歩けます。
  • 皆さんは様々な観光地に行けます:- ビダール(Bidart)とゲタリー(Guéthary)の間にある沿岸経路:捕鯨の詩史を発見するために、その時代の痕跡をビダールで見に行きます:この昔の港は中世紀の頃捕鯨産業の繁栄によって開発されました。古い石油オーブン、望楼、村の紋章はこの時代を思い起こさせます。- サン・セバスティアンの水族館 : 一つのタイセイヨウセミクジラの骨格はスペインにある、このサン・セバスティアンの水族館で展開されています;この水族館に訪問すると地方の海鮮生物の魅力を発見できます:水族館の様々な水槽には200以上の種類のカンタブリア海に住む海洋動物がいて海事博物館もあります。展開されている面白い人工物は古い船の模型船、魚釣りの道具、そして地元文化の展開が漁業の技術の進化とバスク地方に対する大切さを明らかれています。- バスク地方の海事遺産に関する博物館(Albaola Faktoria) は伝統な船の再建の会合的センターであります。1978年に、16世紀の捕鯨船はラブラドール地方の海で、10メートルの深さで、考古学者から発見されました。20年間の調査の後、捕鯨船と同様の、再構築が開始されました。このセンターに行くと造船学と考古学的穴掘りの複雑さをより良く理解できるようになります:秋に、帆走が天気のせいで中止になれば、この再建スポットに行ってこの地方と歴史に対する理解が良くなるでしょう。
  • 夏の滞在場合、帆走のスケジュールによって. アンダイエの海辺で、サーフィンする日が予定されています。

L'Équipe

滞在の主席の教育者はアン・リタイさん(Anne LITTAYE)であります;海洋学者で何年も前から研究員として勤めています:彼女はガスコーニュ湾を航海して、その上に海獣が多いインド洋の南部も、鯨シャチ、マッコウクジラや他の海獣が多い、地中海と、ナガスクジラの群の中、そして太平洋にも航海しました。今日、彼女は参加型科学と海上の遺産を増進するために努めています。

L'Hébergement

皆さんはアンダイエにある、バカンスセンターであるCbe―Horizonで泊まります。部屋には4つか5つのベッドがあります。海辺の高い所に位置して、私たちが出発する港や海辺までに散歩できるぐらい便利なロケーションであ理ます。

お食事はセンター側から提供されます;私たちの探検をより楽しむために、毎回帆船するおきにはピクニックバスケットも持って行きます。地元の特産品とフランス、スペインとバスク料理の組み合わせを試すのは補足的な冒険になるでしょう。

様々な観光地に行くために、私たちはフランス側とスペイン側の両方にあるバスク沿岸を交差する路線バスを利用します。

Le Programme au Jour le Jour

春の移住:- 一日目:バカンスセンターに午後に到着して部屋に落ち着く。アンダイエの港で、船に乗って、海上のセキュリティー規則を習う;視察資料に習熟する。- 二日目: 一日間ずっと海に居て視察する日。視察したものの回数を記録する。イルカを真似しながらサーフ。
夜:研究員に会う。- 三日目:海獣との朝ごはん:夜明けたら、海に出かける。写真撮影をして生物を見分けて数える。- 四日目:視察見学;捕鯨の痕跡を発見するためのハイキングコース。 イルカを真似しながらサーフ- 五日目:海獣との晩ごはん:午後に海に出かけて、夜に戻る。写真撮影をして生物を見分けて数える。- 六日目:一日間ずっと海に居て視察する。サン・セバスティアンの水族館に訪問。イルカを真似しながらサーフ。
地元の週刊紙のために記事を書く;記者に会う。- 七日目:視察見学、港務部長の事務所かバカンスセンターでの発表会。- 八日目: 貸借対照表とお掃除。出発。

定住生のクジラ目の識別:- 一日目:バカンスセンターに午後に到着して部屋に落ち着く。アンダイエの港で、船に乗って、海上のセキュリティー規則を習う;視察資料に習熟する。- 二日目: 一日間ずっと海に居て視察する日。視察したものの回数を記録する。イルカを真似しながらサーフ。
夜:研究員に会う。- 三日目:海獣との朝ごはん:夜明けたら、海に出かける。写真撮影をして生物を見分けて数える。- 四日目:視察見学;捕鯨の痕跡を発見するためのハイキングコース。 イルカを真似しながらサーフ- 五日目:海獣との晩ごはん:午後に海に出かけて、夜に戻る。写真撮影をして生物を見分けて数える。- 六日目:一日間ずっと海に居て視察する。サン・セバスティアンの水族館に訪問。イルカを真似しながらサーフ。
地元の週刊紙のために記事を書く;記者に会う。- 七日目:視察見学、港務部長の事務所かバカンスセンターでの発表会。- 八日目: 貸借対照表とお掃除。出発。

秋の移住 :- 一日目:バカンスセンターに午後に到着して部屋に落ち着く。アンダイエの港で、船に乗って、海上のセキュリティー規則を習う;視察資料に習熟する。
夕方はスペインにある、オンダリビアで過ごす。- 二日目: 一日間ずっと海に居て、視察する日。視察したものの回数を記録する。資料の検討と次の日の出かけの準備。
研究者の周りで会議の夜。- 三日目:海獣との朝ごはん:夜明けたら、海に出かける。写真撮影をして生物を見分けて数える。- 四日目:視察見学;ビダールで捕鯨の痕跡を発見するためのハイキングコース。サン・セバスティアンの水族館・博物館に行く- 五日目:海獣との晩ごはん:朝ごはんの後に海に出かけて、夜一に戻る。写真撮影をして生物を見分けて数える。- 六日目:一日間ずっと海に居て視察する。 パサイアでの再建された16世紀捕鯨船の現場に行く。
地元の週刊紙のために記事を書く;記者に会う。- 七日目:一日間ずっと海に居て、視察する。港務部長の事務所かバカンスセンターでの発表会。- 八日目: 貸借対照表とお掃除。出発。

A prendre avec soi

  • 帆船用の暖かい衣類(ブーツ無し)
  • サーフのための水泳着とスパンデックス
  • 有れば双眼鏡(買わないでください)
  • サンーグラスと水槽
  • スニカー2組

A voir aussi



Nos partenaires

Voir également