ホーム > コンセプト > (...)

上級の科学プロジェクトを実施しながら、フランス語、英語、スペイン語、さらには日本語まで伸ばそう

Cherchez parmi 26 séjours :



科学冒険キャンプそのものに加え、科学冒険キャンプでは、私たちは安全と指導に関して、子どもたちが十分に楽しめるよう、特別な保証を提供します。

過去数年渡り、例えば<科学フェスティバル>の全国的な成功に証明されるように、科学と技術の文化はさらに注目を浴びています。

数あるメディアでも取り上げられているように、<科学キャンプ>は同時に、補足的なトレーニングコースを学校で、また忘れることのできない休暇にて、提供しています。

一方で、構成と運営方法はまた、それ以上のものをもたらします。 情熱、モチベーション、創造、確信、そして(自我と受け入れられている考えの)過剰はなくてはならない科学キャンプの役割の一部であるのです。

実際に、1週間、2週間、または1か月の滞在で、参加者は発見し、理解し、深めるための時間を過ごします。

中にはおそらく情熱やキャリアを見出す人も入れば、科学は他と同じように、それほど難しくないことを発見する人もいます。

もしかすると、中には科学者、エンジニアや研究者になる人もいるでしょう。別の産業へ向かう人もいます。しかし、それ以上に参加者は現代社会において必須である、批判する能力や広い心、科学的思考などを身につけます。これらの能力は法律家、バンカー、弁護士、マーケター、政治家や本当に熟考と判断の力のある労働者といった未来を開きます。

理想的な自由時間—休暇—科学キャンプやサマーキャンプは、スポーツ、マニュアル、アーティスティックといった様々な科学プロジェクトを行うのに最適です。 

休暇でのインターンシップも同様に、子どもとティーンエージャーにとって恵まれた社会的成長の機会です。インターンシップは、しばしば家庭環境外での最初の経験、また世の中の多様性を開き、新しい社会的つながり作る機会となります。

従って、これは子どもに提供できる完全で現代的な休暇です。さらに、5人に対して1人の責任者をつけることにより、私たちは高い質とすべての分野における安全を保証します(12人に対して1人の責任者をつけることが義務付けられています)。

どこで?

キャンプは若者にとって魅力的な地域で行われます。滞在先は自然、科学、文化において豊かで多様性のあるユニークな環境を選んでいます。Baseキャンプは快適な建物で行われます。一方で、各グループは数日にわたる科学的な探検や、沖合や火山のふもと、森の真ん中まで出かけたり…行き先はあなた次第です。

私たちのセンターは年中行事に対応しています。子どもたちは夏に、学校ではなく、本当のサマーキャンプセンターで夢に見たリーダー、設備と機材を見つけるのです。

いつ?

キャンプは毎年学校の休暇中と7月、8月に行われます。子どもたちは年齢によってグループに分けられます。下級生の7−9歳と10−12歳は1週間から1ヶ月のキャンプに参加します。一方で上級生の13−15歳と16−18歳は2週間以上のプロジェクトに参加します。(熱心な者は満1ヶ月、時に2ヶ月滞在します。)

誰と?

登録団体(青年スポーツ省、教育省、研究省、ユネスコなど)より、社会のニーズに応えるため、キャンプ実施の要請を受けています。

有能な理系教育者が、毎日の子どもの生活と国際的な学びのアプローチを同時に保証します。また、エキスパートによる情報に基づき、科学的な活動を明確に示します。エキスパートは独立しているか、フランスのリサーチセンターに所属する者です。

参加者と。毎年、私たちは子どもたちにより多くの自主性と責任を与えます。これは協力的キャンプモデルによるもので、例えば生活の規則は参加者自身で決めるものです。(先生との協議が必要ですが!)子ども協議会では、同じキャンプまたは同じ年齢層の参加者が集まり、毎日でなければ隔週、それぞれが考えを示す機会を与えられます。

親はキャンプ前後にアクセスすることができます。子どもを連れてくる時、そしてキャンプの見学時やもしくは、最後に行われる発表会や会議を支援する時などです。何が達成されたかについて意見する機会は、キャンプにおける大切な時間です。子どもにとっては、科学的経験の結果を発信する機会です。

下級生、上級生の各教育スタッフは生活責任者によって統括されています。一方で、同プログラム活動のスタッフはプログラム責任者が担当しています。両方ともセンターのディレクターが管理をしており、あなたの契約はディレクターと結ぶことになります。リソースセンターのメンバーが、永久的にそれぞれの科学プログラムを支援しています。メンバーは、すべての科学活動をグローバルな視点で見ることにより、キャンプのプロジェクトの統一性と進捗を保証します。また、あなたの子どもを参加させたくなるようなプロジェクトの質を約束し、キャンプの進度に責任を持ちます。


安全のため、私たちは毎シーズ警察官、消防士、青年スポーツ省また、地域の動物用サービスと社会活動委員に情報を提供しています。広範囲に渡る活動により私たちの存在を知る人々は、必要最低限の介入しかしません。

地域の意思決定者、ジャーナリスト、提供者をはじめ、一時的または継続的なパートナーたちは、外部との大切なパイプ役です。従って、彼らが記事を書く時や、参加者によって企画される展示会に市民を呼びたい時などに、私たちとつながっているということになります。このようにして、オブジェクト・サイエンス・インターナショナルのキャンプは地域発展、またもちろん科学的、文化的、経済的そして観光計画のアプローチの一部であると言えます。例えば、キャンプセンターで配給される食事に使われる食材の大部分は、その地域のものです。



Soutenez l'association en partageant cette page autour de vous :