Envoyer à un ami

水中考古学 - 難破船の謎

(...) ↓ Lire le descriptif détaillé plus bas ↓

水中考古学 - 難破船の謎

(...) ↓ Lire le descriptif détaillé plus bas ↓

海の歩哨 (警戒・監視などの任務につく兵士および任務にあたること)
Des séjours de vacances qui changent le monde
Des aventures hors du commun, des projets de sciences participatives pour le développement durable

Introduction

このプロジェクトでの滞在中、フランスとスペインの国境にある、ビスケー湾で難破船の跡を追いかけます。

毎年週3日は、水中の難破船を探索するための外出の日で予定されています。

  • 最初の滞在の間 (13歳からの青少年が対象)、 潜水と水中考古学の始まりです。探検はフィン、マスクとシュノーケルそしてボトルと共に行われます(考古学的に興味のあるエリアで、ボトルダイビングをインストラクター同行で5~10メートル程度の深さという安全な環境での潜水を実行します)。
  • 2回目の滞在の間 、すべての水中探索はボトルダイビングによって行われます;前提条件は最初の日実行されてあるべきです(スキューバダイビングの始まりまたはインストラクター教育といくつかの潜水に関しての規定)。この日から、参加者はフランス水中スポーツ連盟でのダイビングレベル1の取得が可能になります。
  • 3回目の滞在の間 、すべての水中探索はボトルダイビングによって行われます;フランス水中スポーツ連盟、FFESSMでのダイビングレベル1の取得が参加条件となります。潜水技術が強くなるほど、考古学の研究活動も熱くなるでしょう。

バスク語で「海の目」を意味であるイサス・ベギア水中考古学と歴史協会があなたを連れていきます。

この研究プロジェクトは難破船の歴史、製造技術の歴史、偉大な歴史の出来事をたどることによって難破船を説明しようとしています。そしてフランスとスペインの国境にあって、ビスケー湾の底にある、バスク地方には豊かな歴史があります!

Le Séjour

水中考古学 - 難破船の謎

水面の下では、多数の難破船、過去の叙事詩を感じる痕跡、偉大な戦いと歴史的な出来事を見守ってきた品々が、海底に点在していて今日も発見され探検されています。

フランス、スペインまたはイングランドの王室艦隊は、16世紀から19世紀の間に何度も、時には敵で…時には味方で…世界中の海で衝突を繰り返しました。激しい物語を生き抜いて悲劇的な運命をたどったのは軍艦だけではありません…商業艦隊も、特に希少品・貴重な商品などあらゆる種類の富を運んでインドとアメリカに向けて出発しながら、何世紀にも渡って多くの衝突や大砲や嵐の標的にされてきたり、ビスケー湾の恐ろしい嵐に巻き込まれてきますた。

これら全ての衝突は、数多くの水中難破船と数多くの興味深い物語を残しています。

  • 最初の滞在で私たちは、バイキングの時代から最後の世界大戦の時代までの頃に、時間を辿ります。
  • 2回目の滞在では、ガレオン船の多数の難破や、有名な海賊の冒険の時代であった17世紀に焦点を合てます。

3回目の滞在では各自のリズムに合わせて考古学的遺跡の科学探検できる、フィールドトリップになります。

滞在中には、次のような機会があります:
- 潜水(最初の2日)と考古学実験の向上。
- フランス・スペイン国境のイルンにある遺跡の修復・保護施設への訪問、
- スペイン・バスク地方のパシャワにある16世紀の捕鯨船の再建現場を散策、
- 冒険と海洋の逸話に満ちた物語を楽しむ、
- フランス語・スペイン語・バスク語という3言語を日常的に読み聞きする生活、
- 国連の持続可能な開発目標の一つである 平和について議論する機会。

Le Projet de Recherche

多くの疑問は未だ解決しないままで…

このような巨大な港湾や海軍の建設、印象的な創意工夫、規模と複雑さは、コンピュータ支援技術のない時代になど設計できたでしょうか ?これらの建設は沿岸の風景を変えて、21世紀になってからも国際貿易の80%を担っています。

こ船の沈没の原因は何でしょうか?
考古学研究により、航行、安全、建設や時間の経過に伴う技術の変化を理解することが可能になります。 難破船の歴史を調査し、それが戦いの結果であれ嵐の結果であれ、過去の歴史をより正確に追跡することができます。あなたはUrteko Onderaの研究プロジェクトの枠組みで調査に参加します。この国境を越えるプロジェクトはバスク地方の難破船のカートグラフィーを実現するという目的であります。

Concept Appris sur le séjour

  • 難破船の収集、保存および修復:チームの考古学研究者が難破船の観察に案内し、センターに帰る前にその特徴をメモしてから、イルーンのゴルダイルア水中考古学遺跡や保存修復施設に行きます。
  • ジグソーパズルのような船の識別と再建:パサイアの地で、チームの歴史学者が大砲とアンカーを識別し、16世紀の捕鯨造船所の復元で船の構造を理解するように案内します。難破船の保存状態によって建造物に使用された材料、この建造物の工夫、沈没の原因(および場所)を推測することができます。
  • 難船の歴史の調査:考古学的研究プロセスを通じて、戦いであったか嵐であったかの結果が分かります。

Le Matériel Utilisé

  • 最初の滞在は青少年を対象としています:
    潜水と水中考古学の始まりです。探検はフィン、マスクとシュノーケルそしてボトルと共に行われます。滞留の間にインストラクター同行で5~10メートル程度の深さという安全な環境での一回か二回のボトルダイビングが提案されます。初めての探検へのお出かけは考古学の現場までカヌーで移動します。

参加の前提条件は水への恐怖心が無く泳ぐことができる方であります。ダイビングに適した健康診断書が要求されます。

  • 二回目の滞在は青少年と大人向けです:
    水中探査はすべてボトルダイビングで行われます。

観察とデータ収集は、タンク付きのスキューバダイビングで行われます。 参加者は滞在の最後にFFESSMレベル1が取れます。最初の日、参加者は地域の協会と一緒に海辺で海洋救助の基礎を学びます。

前提条件はダイビングに適した健康診断書とインストラクター同行教育レベル2またはOSIの潜水プログラムを既に終わらせたことです。

  • 三回目の滞在は水中潜水経験のある大人向けです:
    あなたは日々ボトルダイビングするたび考古学研究に積極的に参加します。

観察とデータ収集はボトルダイビングで行われます。
前提条件はダイビングに適した健康診断書とスクーバダイビングの指導団体(PADI)またはFFESSMレベル1(20m)の証明書です。

Le lieu

滞在場所はアンダイユの町周辺の沿岸、バスク地方の中心部です。}

1659年に締結されたピレネー条約により、バスク地方はフランス南西部とスペイン北部の2か国に広がっています; アンダイエは2か国の国境にあり、チンディ湾に流れるビダッソア川が特徴的です。 しかしバスク地方はその生きた言語、伝統と生活様式によって独自文化を維持しています。

- 川の側では、アンダイユの街のヴォーバンの城壁の痕跡がフランスとスペインの間の紛争の記憶を呼び起こします (3つの古い大砲はスペインのダメリビアに未だ標的をあわせています!).

- 離れた広い保護区域は、何世紀にもわたって船の墓地になり、水鳥が豊富な自然地域になりました。:これがプライアウンディ公園です。

- アンダイエの海側にある長い砂浜はなだらかに傾斜しており、その広大なスペースでは、バスク地方で非常に発達してきたスポーツサーフィンの練習ができるほどです。このビーチの両側には、岩の多い海岸と台地が常にあり、北側のヘンダイ、サン・ジャン・ド・ルス、バイヨンヌ、南側のパサイア、ゲタリア、ベルメオなどの多くの港への航海を危険にさらしています。

- ゴルダイルアはギプスコア県の遺産収集施設です : この施設の使命は、この地域で発見された遺産の保存や修復です。

- アルバオラ・ファクトリアは伝統的な船の再建を行う協会の中心地です : 1978年に、16世紀の捕鯨船の残骸は、約10メートルの深さでラブラドールの水中考古学者によって発見されました。20年以上の研究の後、再建が開始されます。プロジェクトでの滞在中に計画された造船所への訪問によって、海軍による船の建築と考古学的発掘の複雑さについて理解を深めることができます。

- レ・コルセレスは、沿岸救助に専念するFFSS (フランス救助救急・応急処置連盟) に所属するヘンダイエの協会です : プロジェクトでの滞在中には、難破船を探しに行く前に、アンダイエのビーチで、彼らのテクニックを楽しい方法で紹介します。

Le Quotidien sur Place

  • 海辺への外出およびその事前準備といった活動が毎日行わレます。ダイビングは地元のダイビングクラブと共同で教育されます。
  • 水中探索の事前準備や、探索で収集したデータの分析は、自身の部屋やワークショップで行い、時にはバイヨンヌの保管施設で行うこともあります。

L'Équipe

  • デビッド・アロンソは考古学者です;彼は、2016年にITSAS BEGIA内に水中考古学部門を創設して以来、科学プロジェクトウルペコ・オンドエリアをコーディネートしています。彼は、DRASSM(水中考古学研究局)、サンセバスチャンのソシエダ・デ・インベスティガシオン・サブマリーナ、大西洋ピレネー県評議会の支援を受けて、12人の専門研究者のクロスボーダーチームの一員として活躍しています。
  • クリスチャン・オンディコラは歴史学者です。彼は海軍建築、イサスベギアのワークショップ、スペインのパサイア造船所を紹介してくれます。

L'Hébergement

アンダイエのCbe-Horizonホリデーセンターが私たちを歓迎します。 客室には4〜5台のベッドがあります。 大きなビーチの高さに位置しており、ダイビングクラブ・ポートそしてビーチまで歩いて行くことができます。

食事は施設側で用意します;私たちの探索の機会を最大限に活用するために、ピクニックバスケットを持っていって昼食を取ります。 地元の食材の特徴を生かしつつ、フランス料理・バスク料理・スペイン料理の融合した食事は、冒険をより楽しくしてくれます。

様々な訪問先に向かうために、バスク海岸のフランス側とスペイン側の両方を通る路線バスを利用します。

Le Programme au Jour le Jour

滞在1:いつ海は抜けて難破船を発見するでしょうか?

  • 滞留期間 7日間;参加人数:13〜17歳の若者12人
  • 参加できる条件 : 水への恐怖心が無く泳ぐことができる方。

-  1日目 : 午後早く宿泊施設に到着;アンダイエの海辺で沿岸救助を楽しい方法で紹介された学びます(これは、フランス語・スペイン語・バスク語で行うことができます)。 夕方:考古学的調査に向けた準備。
2日目 : カヌーでフランスとスペインの間にある、チングディ湾の海洋墓地にお出かけ。この初めての観察について調査/討論します。
-  3日目 : フィン、マスクやシュノーケルで難破船を探します。保存・修復施設を訪れてみましょう。
4日目 : 潜水の教育。
パサイアでアルバオラ造船所と、16世紀の捕鯨船サン・ファンの再建の場にお出かけ。 夕方:「民族間の平和」を目的とした議論。
5日目 :「遺物の認識と識別」の水中探検。収集データの分析と分類;壁に向かってボールを打つコート・スポーツであるバスクペロタゲームを楽しみます。
-  6日目 :水中写真とビデオ撮影の始まり。夕方:滞在記録の執筆/イラスト。
- 7日目 : 滞在のレビュー : 海中の考古学地図作成への参加;探査に用いた機器の整理。

滞在2 : 水没した記憶、難破船の探査

  • 滞留期間: 7日 、参加人数:12人
  • 参加できる条件 : 観察とデータ収集はボトルダイビングで行われます。参加者はダイビングに適した健康診断書とインストラクター同行教育レベル2が要求されます。

-  1日目 : 午後早く宿泊施設に到着;アンダイエの海辺で沿岸救助を楽しい方法で紹介された学びます。 夕方:水中考古学をテーマとしたミーティングを行います。
-  2日目 : 遺産の残骸を発見した場合どう行動するでしょう? ダイビング中の情報収集;最初の難破船を探すダイビングツアー; 収集データの分析と分類、翌日の出かけの準備。
-  3日目 : アンカーの識別方法は? ダイビングツアー; 収集データの分析と分類。翌日の出かけの準備。夕方:「民族間の平和」を目的とした議論。
- 4日目 : 砲弾を識別する方法は? ダイビングツアー; 収集データの分析と分類;スペインのゴルダイルアにある水中遺産の保存・修復施設を訪問。翌日の出かけの準備。
- 5日目 : 船の中 : ワークショップの場で海軍建築についての発見;パサイアで、アルバオラ造船所と、16世紀のサンファン捕鯨船の再建現場を見学。オンダリビアで夜を過ごします。
- 6日目 : ダイビングツアーや支援者に限って潜水レベル1(12m)の教育。
7日目 : 滞在のレビュー;探査に用いた機器の整理。

滞在3 : 水中考古学の組合

  • 滞留期間: 7日 、参加人数:12人の大人
  • 参加できる条件:観察とデータ収集はボトルダイビングで行われます。参加者はダイビングに適した健康診断書とFFESSMまたはPADIのレベル1の証明が要求されます。
    全てのツアーは研究プログラムに寄与するためにその進行速度に従って行われます。

-  1日目 : 午後早く宿泊施設に到着;アンダイエの海辺で沿岸救助を楽しい方法で紹介された学びます。 夕方:フランコとスペインの国境にある17世紀の難破船に関するミーティング。
-  2日目 : ダイビングツアー; 収集データの分析と分類、翌日の出かけの準備。
-  3日目 : ダイビングツアー; 収集データの分析と分類。翌日の出かけの準備。夕方:「民族間の平和」を目的とした議論。
- 4日目 : 砲弾を識別する方法は? ダイビングツアー; 収集データの分析と分類;スペインのゴルダイルアにある水中遺産の保存・修復施設を訪問。翌日の出かけの準備。
- 5日目 : 船の中 : ワークショップの場で海軍建築についての発見;パサイアで、アルバオラ造船所と、16世紀のサンファン捕鯨船の再建現場を見学。オンダリビアで夜を過ごします。
- 6日目 : ダイビングツアー;収集データの分析と分類、夕方:考古学プログラム作りへ共に参加する滞在を執筆/イラスト。
-  7日目 : 滞在のレビュー;探査に用いた機器の整理。

Dans la presse

https://www.francebleu.fr/infos/soc...

  • La memoria sumergida Arqueologia y patrimonio subacuatico vasco.Untzi Museoa. Untzi Museoa-Museo Naval, Donostia, 2004, 215 or Naufragios en la costa vasca Jose Maria Unsain. Museo Naval, Donostia.

A prendre avec soi

  • カヌー練習、潜水の前後のために濡れるスポーツ衣類(合成繊維、短めまたはフリース)。
  • 水に入れる合成ゴムの靴または古いスニカー一足。
  • 普通の靴一足。
  • キャップ、サングラス、水着。
  • 海辺ようのタオルとシャワータオル。

A voir aussi



Nos partenaires