Envoyer à un ami

2020年チリの日食 (Eclipse au Chili 2020)

2020年12月、チリの日食を見に来て下さい! ↓ Lire le descriptif détaillé plus bas ↓

2020年チリの日食 (Eclipse au Chili 2020)

2020年12月、チリの日食を見に来て下さい! ↓ Lire le descriptif détaillé plus bas ↓

Menez à bien d'incroyables projets de recherche !
Des séjours de vacances qui changent le monde
Des aventures hors du commun, des projets de sciences participatives pour le développement durable

Introduction

2020年12月にチリの日食が観察できます!

Le Séjour

ユニーク、異例的そして忘れぬイベントへの旅を:2020年12月14日、チリの日食!

2020年12月13日から2021年1月2日までの滞在になります。一、二もしくわは三週間の滞在も可能です。毎週異なって補いを満たすプログラムがあります。

二つの違う主題が二つのグループで同じ日常時間に進みます。内容は:

  • 天文学と天体物理学 : 天文学が大好きな皆に。7歳から15歳の入門、16歳からの応用と調査。
  • 変化のアトリエ : NGO OSIから定期的に主催される高いレベルのアトリエを存分用い、特に日食の現地で家族の中に天文が大好きなファンと同行する機会になります。

7歳から15歳までの天文学入門

空は子供と大人にいつもずっと夢を見らせます。漠然でしょうか?謎が留まっていますか?もし私たちは自分自身と宇宙にある私たちの地球に答えを求めていますか?

応用活動や天体観察を通じて、私たちの宇宙、その歴史、その構成(星、構成、銀河など)そしてその謎を完全日食と中々見れない美しい空があるチリの高地帯の幻想的環境で私たちの一緒に学んでください。

この始まりのため、私たちはいくつかの概念を先送りします(次のリストを見て下さい)。テーマの選択やその深まりはあなたのレベルと要求に応じます。プログラムはあなたが見つけたい又は学びたい通り調整できます。

テーマのリスト(仮)は次のようです:
太陽と太陽のシステム
星の人生の循環 
宇宙の暗い面
現在宇宙論による宇宙の歴史 
宇宙の基礎構成
天体力学
星座識別
天体望遠鏡の利用

16歳からの応用と調査

天体観察の国での滞在中、あなたは完全日食という魔法のような瞬間を背景で空を想像するために、天体望遠鏡ついて、そして天文知識を学ぶ又は深めます。プログラムは:観測、夜のような昼、観測台への訪問、撮影、観測写真、息が止まるような景色。。。

私たちはいくつかの概念に近づきます(次のリストを見て下さい)。テーマの選択やその深まりはあなたのレベルと要求に応じます。プログラムはあなたが見つけたい又は学びたい通り調整できます。

テーマのリスト(仮)は次のようです:
- 太陽物理学
- 星の人生の循環
- 宇宙の暗い面
- 現在宇宙論による宇宙の歴史
- 宇宙の基礎構成
- 相対性と重力
- 星座識別
- 天体望遠鏡の利用

尚且つ、日食の日に情報を集めてから、その理解と分析に努めます。さらに空の勉強に関する小さいプロジェクトにも参加します。

次の完全日食

2021年12月4日
南極で

2024年4月8日
北アメリカで

Le Projet de Recherche

天文学と天体物理学

美的興味以上に、地球での日食観測は特にコロナを学ぶようにします (下記の記事を参考)。前世紀の初期の観察はアインシュタインの一般相対性理論による重力場中では光が曲がって進むことの実験的証拠が持ち込めるようにしました。日食の日に得た情報を元で、私たちはそれらの理解と分析に寄与します。且つ、私たちは他の空を勉強する小規模の参加型プロジェクトに協力します。

更に、我々のこのような路線や特別な環境は私たちは滞在期間中空そして天体写真の数多い観察をさせます。

変化のアトリエ

Le lieu

私たちは二週目と三週目にアタカマ砂漠へ移動する前に初めに最初の一週目の日食の観察のためチリのラ・アラウカニア州に行きます。世界で一番高いこの砂漠で、数多くの観察が位置付けています!

!! あなたの航空券の予約のためによく読んでください !! (時刻は現地時刻です) :

到着の1週目 : 2020年12月13日にテムコのアラウかニア国際空港。18時頃到着。
1週目の2週目の移動 : 2020年12月20年にアラウかニア国際空港からカラマのエルロア空港出発。15時47分のLATAM航空の飛行便がおすすめ。出発同上。 
到着の2週目 : 2020年12月20日午後早くから18時までカラマのエルロア空港に到着。
到着の2週目 : 2020年12月27日午後早くから18時までカラマのエルロア空港に到着。出発同上。
カラマのエルロア空港のサンティアゴ着の飛行便: 2021年1月2日の飛行便がおすすめ (まだ開始してませんがまもなく開始予定)
- チリ発フランス着 : 2021年1月3日の朝出発.

具体的内容については、メールにてご連絡ください。
— 

Le Quotidien sur Place

一週目 - 12月13日から12月20日まで - アラウかニアにて行われ, 完全日食が上がる州です。その上、12月14日の完全日食の観察と科学活動は、固有文化と疎通しながら見つけるこの州の最も美しい景色です。

二週目 - 12月20日から12月27日まで - そして3週目 - 12月27日から1月3日まで - アタカマのサンペドロの周辺にあるアタカマ砂漠で行われます。二週目の科学なきの時間では例えばアルティプラニクスラグーン若くは朝起きる噴出のような特別な風景を探索することへ専念します。地域のお土産を味わいながらクリスマスをいわいましょう。

三週目と最後の週のプログラムは現地での科学活動の延長になります。グループは天体観察のために全ての光の汚染を避けるためにサンペドロから遠くない谷間の野営地で二回天文学について努めます。他のグループの参加者も体力の該当野営地の物質的余裕がある限りで同じく参加できます。私たちはお正月を一緒に祝うために合流します。

私たちがアタカマ砂漠で至る区域は高地帯に位置付けています。サンペドロの街は標高2500メートルにあって私たちは天気が許す限り標高4000メートルの区域に至ります。高い標高を支えるためにはいい条件の体力が必要です。
野営地は、砂漠の美しい星の夜に行われ、町から徒歩数時間かかる所にありますので、すごくいい条件の体力が必要です。
更に、50歳以上の方々は高い標高への漏出に関するテストを受けるようおすすめします。

Le Programme au Jour le Jour

滞在の一般的プラグらむをご覧下さい —(具体的な内容はいつも準備中であります)— :

  • 12月13日日曜日 : 18時までテムコの国際空港でグループをお迎え。ビジャリカまでミニバス(2時間)で移動。
    ビジャリカでの一週間のてめに泊まり。
  • 12月14日月曜日 : 日食の日
  • 12月15日火曜日から12月19日土曜日 : 日食から出来上がった情報分析、交換プログラムと空の観察をしながらビジャリカで一週間。
  • 12月20日日曜日 : カラマへ旅行。 —テムコのアラウかニア国際空港でカラマのエルロア空港のチャクの15時47分飛行便を予約することをおすすめします。—
  • 12月21日月曜日 : アタカマのサンペドロまでミニバスで移動(1時間30分) そして次の二週間のためにその地域で泊まり。
  • 12月22日火曜日から12月26日土曜日まで : アタカマ砂漠の真ん中で発見と実習の豊かな一週間。アタカマ大型ミリ波サブミリ波干渉計(ALMA)に訪問, 野営と観察、温泉、アルティプラニクスラグーン、ピエドラスロハスそして状況が許せば、セロ・トコに登山。
  • 12月26日土曜日 : 旅を終わらせるために午後ミニバスでカラマに戻り。カラマに戻ってカマラで夜過ごし。
  • 12月27日日曜日 : カラマのエルロア空港から出発がここでのあなたの予定の終わり。出発した瞬間から自由です。
    到着した方々のために、アタカマのサンペドロまで一日の終わりにミニバスが運行します(1時間30分)。
  • 12月28日月曜日から1月1日金曜日まで : アタカマ砂漠での二週間目。天文学に深く入り込み。数多い地域へ訪問:月の谷、デスヴァレー、。。。いくつかの野営地の観察と正月はいつもものすごいです!
  • 12月1日金曜日 : カラマまでミニバスで移動後街を訪問。滞在の報告。
  • 12月2日土曜日 : サンティアゴ着の戻り便(まだ飛行便未開始)。一日の終わりににサンティアゴを訪問してから報告。 
  • 12月3日日曜日 : 最後の到着地への戻り便。出発の時点からあなたは自由です。

Journaux de Bord

観察日誌 2017

Documents produits


2017年アメリカ滞在話 (思い出のため)

2017年の例の主題で行なった滞留。。。この旅行を数多くの感嘆を醸し出しました!家に戻るまでも頭に驚きが残るはずです!

2017年8月21日 : 完全日食
米国の外側でのすごく美しい日食!これは1991年8月11にヨーロッパから18年間渡ってきた結果であり、言葉にできもないぐらいの綺麗な景観です!


2017年アメリカでの日食の間行われたこのユニークな滞留。。。見逃しましたか?パニックなし、私たちは次の完全日食現象を観察するために、2020年、今回はアルゼンチンで行われる日食を企画しています!

ユニーク、異例的そして忘れぬイベントへの旅を:2017年8月21日の完全日食をアメリカで!
この長いロードトリップであなたは、完全日食という魔法のような瞬間からもたらされたものを証拠に空と特別に太陽を描くために、天体望遠鏡の利用を学びます。プログラムは:観測、夜のような昼、観測台やNASA基地への訪問、科学者とのインタビュー、撮影、観測写真。。。

完全日食

次の完全日食の場所 :
2019年7月2日
ラテンアメリカで
2020年12月14日
ラテンアメリカで
2021年12月4日
南極で
2024年4月8日
北アメリカで


現地での滞在は天文学を主題にする科学ジャーナル、宇宙航空とアメリカの科学に寄与する女性たちなど異なったプロジェクトを中心に構成されます。11日間の滞在の間あなたはNASAの歴史的場所に訪ね、調査し、アメリカの天文学歴史に貢献した人々に会って資料を集めます。私たちのチームは、一人の天文・天体物理学者、一人の複雑な質問に答える専門家そして探検に務める一人の専門家で構成されてあなたをあなたが選んだプロジェクトや集まった情報の報告するよう案内します。

(OSIと共にする科学ジャーナルの主題の例- Iceland’Lab 2016 : https://youtu.be/4Bsf2Q8jLyE - https://youtu.be/PIOCnYutyX4 - https://youtu.be/zoQCJ2pYiFo )

全ての科学やジャーナル活動は英語で行われます。訪問、公共観察の夜会、出会った違う人たちとのインタビューや討論も英語で行われます。あなたの家族や友達をつなぐ日誌は英語とフランス語で書かれます。日食を準備する天体観測のような個人活動フランス語で行われます。

私たちのロードトリップは私たちをワシントンD.C.やテネシー州のナッシュビルまで連れて行きます。
旅行の間私たちは天文学の歴史とアメリカの宇宙征服に関する象徴的な場所を見回します。プラグラムには、航空宇宙博物館、Goddard Space Flight Center (ゴダード宇宙飛行センター)、有名な電波望遠鏡があるグリーンバンク、そしてアポロ計画のロケットエンジンを試したマーシャル宇宙飛行センターがあります。

滞留は巡回し、私たちは十分気楽なミニバスで定期的に移動します。私たちは汚染から保護されている空を用いるために街から離れている区域を見つけて、ほぼ大体の滞留中(ワシントンとナッシュビル以外)各自の気楽さや休憩を最大限守りながらテントの中で就寝します。

1日目 : あなたの天文探査の始まりのためにワシントンD.C.空港に到着します。

2日目 : ワシントンにあるNASAのゴダード宇宙飛行センターに訪問!国立航空宇宙博物館に訪ねてからフランクリンの方へ移動。

3日目 : グリーンバンク望遠鏡に訪問、直径100メートルの電波望遠鏡がある所です!それからワイスビルに移動。

4日目 : NASAの電波天文の場所であり、あなたが光の汚染から保護されている所で探査天体望遠鏡を使い始めたりあるいはその場所で泊まれる、ピスガ天文研究所に訪問するためにピスガに出発。この場所は山登りがしたい人にも適切です。

5日目 : 最もいい日食の日を準備するために初めての撮影テストをしながら備える1日。ピスガ->ノックスビルに移動。

6、7日目 : NASAがロケットエンジン、観測装置、人工衛星をアメリカ宇宙機関によって考え出し、製造して試した(月でのアポロ計画のために作られたロケットエンジンがその例です)、アラバマのハンツビルにある«マーシャル宇宙飛行センター»に尋ねるたまに少し遠回りします。 
ロードトリップの最初一週目以降持つ休憩の1日。

8、9日目 : 日食の場に近づくため、ハンツビル->テネシーのナッシュビル。 ケンタッキーのプリンストンにある日食が明確に見える場所を観測、撮影テストの連続。
小さい観察の夜会。
日食の日、天気に従って、11時52分から始まって特に13時20分か13時23分の完全日食を見逃さないため、14時47分までの光景を楽しむために日食の場所に朝出発。

10日目 : 休憩、写真の最初作業、ワシントンに復帰。

11日目 : ワシントンか出発それから忘れられない思い出をたっぷり持ってお家に復帰!

Dans la presse

A voir aussi



Nos partenaires

Voir également