ホーム > 質問・提案 > 一週間の流れ

一週間の流れ

キャンプに着いたら、研究プロジェクトに取り組んで成果をあげる!
いいえ、それだけではありません。滞在中にはもっとたくさんの面白いことがありますよ。

  • キャンプ期間中に子どもと連絡を取れますか?

    科学キャンプ中は、基本的に科学滞在センターで生活することになります。

    自由時間中には、メールをしたり電話をしたりすることができます。

    また、調査プロジェクトごとのサイトに毎日の調査の進捗や出来事がアップされますので、ここで子どもたちの様子を見ることもできます。
    このプロジェクトごとのサイトのURLは、参加確定後にメールにてご案内します。

  • スポーツやそれ以外のアクティビティの予定表はありますか?

    OSIの教育プロジェクトは、参加者である子どもたちと一緒に進めるというのが基本です。

    科学調査以外のアクティビティに関しても、何をいつどのようにするのかは、子どもたちがやりたいことを自分たちで決めるようにしています。
    そのため、科学キャンプ期間中のどの日にどんなスポーツをして、どの日にどこに遠足に行くかといった具体的なスケジュールを事前に案内することはできません。
    テント泊の予定も同様です。

    1日のうちの2つの時間帯を科学調査に充て、それ以外の2つの時間帯を他の活動に充てるというというのがベースではありますが、それも臨機応変に組み換えられることがあります。
    例えば、遠くの森まで資料の採取にでかけるようなときは、1日全体が、遠足の時間であると同時に科学の時間であるといったような具合です。

  • キャンプ(テント泊)について

    これまでにキャンプをしたことのある子もない子もいると思いますが、たいていの子どもはテントに寝袋で泊まるのが大好きです。

    OSIの科学キャンプでも、自然により近づき、楽しい時間を過ごすことのできるテント泊の日があります。
    テントや寝袋は科学滞在センターで用意しています。

    1週間の滞在では少なくとも1回、2週間以上の滞在では、天候や調査プロジェクトによって何回もテント泊の日があるかもしれません。
    例えば、星空を観察するプロジェクトなら、できるだけ暗い所でじっくり眺められる方がいいでしょう。

    もちろん、そのプロジェクトの参加者が誰もテントに泊まりたくないというなら、テント泊がないこともあります。
    また、特別な事情によって、テント泊が難しい場合は、科学滞在センターに残ることも可能です。

  • 7歳未満の子は参加できませんか?とても行きたがっているのですが、どうしたらいいでしょう。

    6歳半くらいでもとてもやる気がある子であれば、7歳ー9歳のキャンプに参加しても大丈夫です。

    また、19歳や20歳の子も、16-18歳と同じグループでよければ、興味のあるテーマのキャンプに参加できます。

  • 兄弟で参加したら、同じ部屋に寝ることはできますか?

    兄弟、姉妹で同じ部屋に泊まることは可能です。

    ただ、科学滞在センターは男女で部屋が分かれているので、お兄ちゃんと妹、お姉ちゃんと弟が一緒の部屋に泊まることはできません。

    どちらにしても、きっと子どもたちも別々の部屋に泊まりたいと言うでしょう。

    部屋割りは、キャンプ初日に、子どもたちがインストラクターと一緒に決めます。

  • 実際の年齢より上のグループに参加することはできますか?

    できます。

    すでにたくさんの知識がある子や、難しいことに挑戦したい子は、ひとつ上のグループに参加できます。

    ただ、なるべく同じ年の子どもたちと一緒に調査をすることをお勧めしています。

    それぞれの子どもたちがキャンプを満喫できるように、キャンプの途中でも、インストラクターが子どもたちの期待やレベル合わせてバランスを取りながら、グループを移動することもあります。

  • 参加費用を安くする方法、割引などはありますか?

    例えば、長期でキャンプに参加する場合には割引があります。

    また、参加費用をキャンプに必要な物資で提供するという方法もあります。
    以前には、キャンプ期間中のサラダに使う新鮮な野菜を送ってくれた家族もいました。

    様々な方法が考えられますので、詳しくは事務局宛にメールまたは電話でお問い合わせください。

  • 科学キャンプ中に家族も科学滞在センターに滞在することはできますか?

    子どものための科学キャンプの実施期間中は、大人の施設利用を制限しています。

    参加者の子どもたちで施設がいっぱいになってしまうという理由の他に、子どもたちが、普段の生活からできるだけ離れた環境で科学に打ち込めるようにという教育面での理由があります。

    キャンプ期間中は、インストラクターの他にも、マネージャーやたくさんの大人のスタッフが常駐しています。安心して、お子さんをお預けください。