ホーム > 参加するには > 科学キャンプの選び方

科学キャンプの選び方

たくさんあるOSIの科学キャンプの中から、最初に参加するキャンプを選ぶためのヒントです。

Cherchez parmi 26 séjours :



いろんな条件や優先順位を考慮しながら、参加する科学キャンプを決めましょう。
このページでは、研究プロジェクトごとの特徴をおさえて、キャンプを選ぶためのアドバイスを紹介します。


 キャンプの期間

全てのキャンプが短期間から参加可能です。
7歳から9歳のグループと、10歳から12歳のグループのキャンプは、1週間から参加できます。13歳から15歳のグループと、16歳から18歳のグループは、最短2週間からです。短期間のキャンプでも、科学の面白さを発見するという基本は変わりません。初めて親元を離れて生活することになる緊張気味の子どもたちには、ちょうど良い長さのキャンプになると思います。

でも、科学をより楽しみ、考え方や発想について学んだりテーマへの理解を深めたりするためには、長期間にわたるプロジェクトに参加することをお勧めします。そのため、長期滞在も全てのキャンプで可能です。12歳以下では2週間、13歳以上では4週間までの滞在に対応しています。長く滞在することで、より多くの時間を科学と向き合って過ごし、疑問を解いて科学の真髄に近づくための過程をより確実に身につけることができます。

よりたくさんの人に長期間の科学キャンプを経験してもらえるように、長期間の参加者には費用の30%を割引きできるようにしています。

加えて、熱心な子どもたちには、冒険キャンプも用意しています。これは、科学を100%極めたい好奇心旺盛な子どもたちのためのキャンプで、7歳の子どもでも10歳や12歳の子どもと同じレベルの知識を得ることができます。みんなで互いに刺激し合って、火山や森や遺跡に出かけましょう。

冒険キャンプでは、普通のOSIのキャンプのような5人の参加者に対して1人のインストラクターではなく、7人の参加者に対して2人のインストラクターという体制を取っています。調査現場にテントを張って寝泊まりしながら、移動研究室で実験をします。この徹底的な調査経験は、科学への情熱をより高めてくれるに違いありません。このプログラムに関する詳細や注意事項は、それぞれのキャンプの紹介ページでご確認ください。

この冒険キャンプの運営には、短期間の科学キャンプのおよそ2倍の費用が掛かります。それでも、OSIでは、本当に興味のあることに向き合って打ち込んで欲しいという願いから、普通の短期間の科学キャンプと同じ参加用で提供しています。
ただし、この冒険キャンプの参加者の興味の程度を判定する責任は保護者が持つものとし、OSIは、参加者がこのキャンプの内容を理解してついてくるのが困難だと判断した場合には、一般の短期キャンプに参加者を移動させる権利を有するものとします。詳細の条件をよくご確認の上、参加申し込みをしてください。

複数の日程を組み合わせて参加することもできます。:

- 8日間 または 15日間 (7〜9歳 および 10〜12歳)

- 15日間 または 30日間 (13〜15歳 および 16〜18 歳)



 興味や関心

- 研究プロジェクトのテーマを確認しましょう。
科学キャンプでは、環境、考古学、物理、生物、民俗学、人類学、生態、農学、地質学、化学、動物、エネルギー、水、気候、気象、建築、天文、数学、航空、海洋、電気、ロボット・・・など、様々なテーマを組み合わせた調査研究プロジェクトが用意されています。

例えば、海の宝物を探すキャンプでは、気候や環境、物理科学に触れつつ、海洋生物学が主な関心事項になります。

それぞれのキャンプの紹介ページの最初に、その研究プロジェクトが扱う分野が記載されています。ほとんどの場合、複数の分野を横断的に扱います。

また、言及されたもの以外の分野を扱うこともあります。特に、それぞれのキャンプや調査は、お互いに協力しながら進められるので、例えば、海の宝物を探すプロジェクトと、水中ロボットを作るプロジェクトが同じときに同じ科学滞在センター内で行われていれば、手を取り合って調査をすることができます。キャンプの紹介ページには、そのプロジェクトが扱う調査プロジェクトと関連がある他のプロジェクトへのリンクが載っています。

調査プロジェクトは、知識の単一性を特に大事にしています。生物学や航空学、数学、化学、社会学など、異なった視点からの発見の中にある共通性を認識することで、世界を改めて理解し、より多くのことに気がつくことができます。



 対象年齢

科学に親しむためのキャンプは、それぞれの年齢に合わせて用意されています。年の近い友だちと一緒に調査に取り組むことで、好奇心も一層かき立てられます。

- 7〜9歳:好奇心旺盛、何にでもチャレンジしたい時期です。小さな挑戦を経験することで、自信にもつながるでしょう。

- 10〜12歳:何かを成し遂げるという大切な体験を重ねる年頃です。短期でも長期でも、プロジェクトを進めて結果を形にしてみましょう。

- 13〜15歳:夢を持って科学に取り組むことのできる年齢になったら、面白いテーマを見つけて専門性を高めましょう。

- 16〜18歳: 物事の基盤となる科学にたどり着くための野心的なプロジェクトを計画して、研究を成し遂げましょう.

- 18歳以上:将来、科学の道に進みたい人のために、技術や技法を磨くことのできる集中コースを用意しています。科学者やエンジニアも出席して、セミナーや会議形式で構成されます。

- 家族:週末や連休などに、家族みんなで楽しめるミニ科学キャンプもアレンジできます。子どもたちと一緒に、保護者の方も、新しい科学の扉を開きましょう!

それぞれの年齢層の中間:キャンプ初日の参加者の年齢に合ったキャンプを選ぶことをお勧めします。周りの子どもたちが参加者自身よりも大きすぎたり小さすぎたりすると、なかなか馴染めないことが多いからです。また、年の近い子どもたちが一緒に調査することで、興味も広がりやすく、積極的に科学に取り組むことができます。例えば8歳〜12歳を対象としたキャンプで、参加者が12歳半だったとしても、同じような条件の参加者は他にもいますから、気にすることはありません。



 それでも迷ったら

メールにてご連絡ください。スタッフが相談に乗ります。



OSIの科学キャンプに関するパンフレットはこちら
それぞれの研究プロジェクトの詳細はこちら

Soutenez l'association en partageant cette page autour de vous :